まちの担い手 4件

READ

【後編】ふるさと納税 中部サミットin長野県白馬村

2017年10月20日、21日。株式会社トラストバンクは長野県白馬村と共催で、ふるさと納税の「災害時における情報発信と寄附金の活用」「未来に繋がる地域のファン作り」をテーマに「中部サミット」を開催しました。地域がファンをつくるにはどうしたらいいのか、先進自治体による取り組み紹介や基調講演の様子をお伝えする「後編」です。

  • ふるさと納税
  • 地域活性

READ

【前編】ふるさと納税 中部サミットin長野県白馬村

2017年10月20、21日。トラストバンクは長野県白馬村と共催で、ふるさと納税の「災害時における情報発信と寄附金の活用」「未来に繋がる地域のファン作り」をテーマに「中部サミット」を開催しました。2014年11月22日、白馬村を震源にマグニチュード6.7の地震が発生。倒壊する家屋が多数発生し、白馬村は日本で初めて、ふるさと納税を活用した災害時の緊急寄附フォームを設置しました。このまちを舞台に、先進自治体による災害時の対応事例や取り組み紹介、また交流会を実施。その様子をお伝えする「前編」です。

  • ふるさと納税
  • 災害支援

READ

富山県の小さな海のまちで、13年前に途絶えたお祭りが復活。その立役者とは

富山県東部に位置する朝日町。平成8年に「日本の渚百選」に認定され、日本の国石となったヒスイがうち上がる数少ない海岸、宮崎ヒスイ海岸があります。そこで行われていた夏のイベント「海の日フェスティバル」は人口減少や労力がかかることなどにより、13年前に途絶えてしまいました。しかし昨年、竹谷茉郁子さんをはじめとする地元の有志が立ち上がり、復活。何が原動力となり、どのようにイベントを復活させたのか。竹谷さんと彼女をサポートした漁協組合長の脇山正美さんにお話を伺いました。

  • 伝統文化
  • 富山県
  • 地域活性

READ

日本の農業をカッコよく!業界のタブーに切り込む、33歳のゲームチェンジャー

カラフルニンジンで一世を風靡し、メディアからの取材や全国区のテレビ番組出演、各方面からの講演依頼などを受け、精力的に農業の活性化に挑む、鈴盛農園代表・鈴木啓之さん。会社員を辞めて新規就農者として農業の世界に入った理由や、農業界の可能性・変えていくべきことについて伺いました。

  • 愛知県
  • 農業
  • 新規就農